マクロ統計 by the Economist からの投資対象

↓↓↓ たまにはマクロ統計も。

The Long road to recovery

投資対象として考えた時。

Chart 4 で、Unemployment rate は2009年リーマンショックを経て徐々に回復に向かっていますが、Case-Shiller 指数は2009年からまだまだ弱い。U.S.Reitもまだまだ中期での投資では対象かなとも思う。

Chart 5で、BRICSはいち早くリーマンショックからV字回復をしたけど、GDP Growthは減速気味ですね。インド株ETFも買うのも悪くないかなとか。

Chart 6 で、中国は2012年Dec から急激に上昇している背景とは?投資家が悲観が過ぎたと判断してからでしょうか? 2013年は中国A株買うのもありなのかな。

ざっくしですが、こういうのをきっかけとして、投資対象国の選定も悪くないでしょうね。

まだ、外国株を個別で保有しようとは考えていませんが、その国のインデックスに追随するETFで運用できればと考えています。今度はボトムアップのアプローチが必要ですね。 

僕は他の個人投資家さんみたいに日本株だけに集中投資って出来ません。アセットアロケーションをきちんと組んで、リスク分散を計ることが心の平穏も取れるし、今僕はこの金融理論をベースに投資をしています。

そもそも僕の投資バイブルは「敗者のゲーム」と「ウォール街のランダムウォーカー」です。

来年のアセットアロケーションは、現行のeMAXISを解約して、1国ずつのETFで持とうかなって考えています。

(株式市場)
全世界Index ← BRICKS や ASIA などの複数国Index ← 1国のIndex ← 1国の細かいIndex(セクター別や時価総額等) ← 個別株 

リスク/リターンの順番ってのはこうだと認識しています。そう考えてみたら、外国Assetは1国のIndex ETFでいいんじゃないかなと思っています。

いつもみたいに文章は乱雑ですが、まぁメモとか備忘録としても使っていますので今日もこんな感じで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR