スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分散か?集中か?

僕の投資手法は、長期国際分散投資になります。

毎月の給料の後にPortfolioグラフをアップロードしているのですが、僕の中ではリスク許容度を考慮した場合、これぐらいの比率だと日々安心して資産運用に臨む事が出来ます。


提供:わたしのインデックス


「集中型」の投資スタイルではないので、僕がいつも参考にさせていただいている 個人投資家パフォーマンスランキング に載られている個人投資家の方々のようなドラスティックなリターンは望めないのですが、銀行預金よりかははるかに高いパフォーマンスを一応キープしています。

アロケーショングラフにありますように、僕は現在26%程を日本株(個別銘柄)で運用していまして、他の外国資産は、ノーロードの投資信託(eMAXISシリーズ)で運用しています。海外資産を一時期ETFで少額ですが保有していたのですが、手間と手数料を考えた場合めんどくさくなって投資信託に戻しました。(ロングスパンの場合ETFの方がだいたい割安)

日本株に話を戻しますが、個別銘柄は現在13銘柄保有しています。アロケーションレシオで考慮した場合、かなり分散されていると思います。(全体の26%程なので)

この銘柄だったらは間違いなく利益をもたらしてくれると確信できる人は、「集中投資」をすればいいと思うのですが、僕の知識と経験則では確信することはできません。

しかし、ファンダメンタル分析に基づいて「分散投資」をする場合、高い確率で利益を享受できるのではという考えはあります。

僕は株式市場の根底とはこんなのじゃないかなと考えています。以下簡略ですがこんな感じです。

まず「価格」と「価値」にはミスプライスが生じているということ。そして、それらはどこかの時点で相互的に正しい方向に補正し合う。そして優良企業の場合、成長していくにつれて株価と価値も連動して成長していく。また、付加価値を創造して物やサービスとなるのだから、株主はそれらの利益の一部も享受できる。

なんだかタイトルが「分散か?集中か?」ってのだったけど、どんどん話の内容が逸れて行きました。まぁ頭に浮かんできた事書いてるだけなんで・・・・ 僕のブログはいつもこんな感じですね。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。