スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Random Walk Theory VS Behavioral Finance Theory

前回のBlogで、「固定化されたマインドセットを解いていきたい・・・」って書いたのですが紐を解き過ぎたのか、人生で初めてのインフルエンザになってしまいました。3日間仕事を休んだことによって、久しぶりにゆっくり休養を取る事ができました。

しかし、元来あまり寝れない体質なのか、もしくは何かをしていないと駄目な性分なのか、ただ睡眠を取るという事は暇すぎて、しかし外出も体がキツく、今持っている本をもう一度読み返していました。

その中で、バートン・マルキール氏のウォール街のランダムウォークを何度か読み返しました。

バートン・マルキール氏は、効率的市場論の支持者で、テクニカル分析やファンダメンタル分析によっては、長期スパンの観点からは、市場の平均を上回る事は出来ないと述べています。

僕自身、効率的市場論は最初から疑問を持っていまして、この仮説は合理的行動を基調としていますが、人間なんてものは進化した猿ですからどう考えても、ホモ・エコノミカスになれるわけなく、非合理的行動が基調で合理性の追及をしているだけだと考えています。

株式市場はゼロサムゲームなので、「搾取する側」と「搾取される側」の人間に分かれると考えています。市場に連動するインデックスファンドは、それ自体が市場なので資本主義社会が機能する限りプラスリターンです。

僕は、行動ファイナンス論を支持しています。2002年にノーベル賞をとったので、まだまだ認知度と実績は浅いかもしれないですが、これからもっと発展していくのではと思っています。

行動ファイナンスの中で、主に人間が非合理的基調として合理的を追求しているかという4つの以下基礎理論

・心の会計
・プロスペクト理論
・自信過剰
・後悔の回避

色んな新しい説が出てきては、古い知識が陳腐化して、淘汰されていく。

人間が作り出した市場なので「栄枯盛衰」という自然の摂理のような気がします。

古い考え方だけに固執しないで、新しい考えも理解して吸収できるように、日々金融リテラシーを磨いていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。