スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Efficient Market Hypothesis

効率的市場仮説理論とは、全ての情報が生み出されると、即座に株価に織り込まれていて、市場は常に効率的だという事です。

そして、その中には三つのレベルがあるというものです。

1) Weak Form: 過去の情報などは現在の株価に織り込まれていて、将来の株価予想にはつながらないという(テクニカル分析を否定している)。

2) Semi Strong Form : 公開情報が、即座に株価に織り込まれるという(ファンダメンタル分析の否定)

3) Strong Form : 公開情報だけではなく、内部情報(インサイダー情報)も将来の株価にも影響を及ぼす情報も既に株価に織り込まれているという

スゴイ賢い人達がこの仮説を展開したのだから、素人投資家が肯定・否定をするわけではないのですが、所詮人が発見して展開しているものですから、確実だとは思っていません。

この上記1-3の中で、即座に株価に織り込まれるというのは、どれだけの時間軸の事なのでしょうか?

例えば、公開情報が流れた瞬間の0.01秒とかに、もう織り込まれているのでしょうか。もしくは1時間と言ったタイムラグ が働くのでしょうか。 即座っていうくらいだから、コンマ一秒の世界なんでしょうか。

しかし、その中で限定合理的な人間が、完全な合理性に基づいて行動をとることはできません。

効率的な市場だったら、アービトラージ取引等の市場の歪みを利用するテクニックも生まれなかったでしょう。

テクニカル分析を基に投機・投資をしている人たち、ファンダメンタル分析を基に投機・投資をしている人たちが、どのぐらいの資本割合でマーケットに参加しているのでしょう。

それぞれの資本割合(テクニカル、ファンダメンタル)で、仮説理論の3つの効率性のどれかに近づくのではないのかと思うのですが、正直素人意見ですし、根拠はありません。

一つわかるのは、商売の基本概念は「安く買い、高く売る」です。株も然りだと思います。

人間の心理は、言葉では全て説明できるようなものではないと思っています。

その中で、人間の定量的・定性的にも説明が難しい心理行動(無意識、理性の働かない行動)の勉強が一番の投資効率性向上の根幹になるのではと思っています。


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。