スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価額と元本

現在保有しているリスク資産(株式、投資信託)は過去最高の評価額と評価率になっています。

しかし、評価額はあくまで仮の利益の値段であり、当たり前ですが売却をしないとその利益(キャピタルゲイン)を享受できません。

そこで、利益確定の決断をするのも投資家としてとても大切になります。

株式や投資信託の場合、インカムゲインや優待などがあるから、保有し続けるってのも各個人の投資スタイルですが、しかし、こうも急激な株価の高騰が続くと、割安感がなくなり配当の再投資のうまみがなくなってしまいます。

僕の場合、ファンダメンタルズに基づいて個別銘柄を購入しているのですが、自分の設定した基準を満たしたら、機械的に売却するようにしています。特に個別銘柄に対して思い入れもありませんし、どこぞの人みたいに応援したい企業とかって美徳とかそんな建て前も持って投資していません。

「うかれません、利確するまでは」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。