Mental Accounting

行動経済学の中で、Mental Accounting (心の会計)というものがあります。

これは何かというと、心の中でお金の価値を区別しているということです。

例えば、パチンコ・パチスロ・競馬・ボート等のギャンブルで儲けたお金などを「あぶく銭」として、いつもの一定の給料などの収入と区別して、無駄使いや衝動買いなどの用途に使うというものです。

また、有名な例ですが 

映画を見に行こうとして、10ドルの前売りチケットを買いました。ところが、劇場に入ろうとして、あなたは自分がチケットをなくしたことに気付きました。(予約席ではなく、払い戻しはできません。)あなたは、もう一度10ドルを払って映画のチケットを買いますか?

イエスと答えた人は46%でした。



そして、この質問が次に来ます。

料金が1人10ドルの映画館に、映画を観に行きました。劇場でチケットを買おうとした時、あなたは自分が10ドル紙幣をなくしたことに気付きました。あなたは、10ドルを払って映画のチケットを買いますか?


こちらの質問では、88%の人が映画のチケットを購入すると答えた。




どちらとも、20ドルを支払わなければ映画を見る事はできません。
しかし、20ドルで映画を見るという事は割高に感じるわけです。

後述は、10ドルがなくなっても映画を見ようとする行動は、チケットが20ドルとは考えません。無くしてしまった現金10ドルは別の会計になってしまいます。

この例の「心の会計」は、合理的視点で見てみると映画を見る方がよいと考えられます。サンクコストとは違って、その事象を続けるのは無意味ではないからです。 

価値観というものは人それぞれ違うものですが、この「心の会計」というものを理解して、会計の出所を統一にしたら合理的なアプローチが少しでも向上するのではないかと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR