Aggregate Asset Allocation

下記の本についてなのですが、公的年金の運用法や世代別の総受取金額の統計と、どうしても公的年金で補えない不足金額をどのように、今からシンプルに容易なスタイルで形成していくかを書かれています。



大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」
(2008/01/12)
北村 慶

商品詳細を見る



この本に書かれているのですが、国民の年金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がどのようなアセットアロケーションで運用・管理しているかを下記ハイパーリンクから確認することができます。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)

基本アセットアロケーションとしては、

GPIF ASSET ALLOCATION

債券比率が60%を超えていて、比較的にリスクが少ないアセットアロケーションになっています。

僕たち国民の毎月の給料からの年金分が、このアセットアローケション比率に応じた割合で振り分けられ運用されて、一定の年になったら給付が始まります。

この運用状況をみて思うのですが、各個人はステージ(世代)ごとにもうちょっとリスクを取る資産運用ができるのではと思います。

なぜかというと、長期投資の観点でみる場合 総アセットアロケーションとして包括的に考えることができるからです。

「公的年金積立 + 個人の積立投資・定期預金 + 流動性資産(生活防衛資金等)」

将来的には、この「公的年金」の給付が、僕たちの生活の一部を支える事になります。


リタイア後は、「公的年金」+「*私的年金」+「退職金などの資産」の総和が8,500万円あれば、一般的なセカンドライフを送る事が可能であると言っています。この場合夫婦で月24万円を生活費としています。   *この本の著者は、毎月の積立投資で形成した資産を「私的年金」と言葉を変えています。


どれだけの「公的年金」を受け取れて、どれだけの「私的年金」を形成して、どれだけの「退職金等の資産」を貰えるかを明確に計画・分析できたら、将来のファイナンシャル面に対しての心配が少し軽減できるものだと思います。


P.S. 投資は自己責任でしましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

Miller3132

Author:Miller3132
Miller3132 です。

海外留学時代のメジャーでファイナンスやエコノミックスに興味を持ち始め、帰国後、日本で就職をして資産形成を始めました。

Intelligent Investor になれるよう、日々金融リテラシー向上の努力をしていきます。

特に行動ファイナンスの有効性に重点を置いています。

長期分散投資(20年)を目安にアーリーリタイアメント出来るように頑張ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR